2017年10月05日(木)

良く勘違いされる肩の回転と軸の関係

 今回はゴルフスイングで勘違いしやすい肩の回転について説明します。(全て右打ちなので左打ちの方は左右入れ替えてください)

 

 

まず、最近では減って来ましたが

 

 

肩は地面と平行に回し腕は縦にあげる

 

 

軸がぶれないように頭を動かすな

 

 

 

と、ある程度ゴルフをして来た方なら一度は聞いたことがあると思います。

 

 

今でもこういうレッスンをするインストラクターがいるほどです。

 

 

ですが、この二つが共存できることは人であり前にかがんで構えている以上、

 

 

右膝や右の股関節を引かない限りありえないんです。

 

 

ですが実際にレッスンで「右膝を伸ばしたり引くのはだめ」とも教えています。

 

 

まとめると

 

頭をあまり動かさないようにして軸を保ちながら、

 

肩は地面と平行に回してクラブを振り上げていく。

 

その時に右膝が伸びたり右股関節が後ろへ引けないようにしてください。

 

 

ということなのですが…..

 

 

はっきりと言います。

 

 

無理です

 

 

そのようなレッスンをレッスンや本は腐るほどあるので注意してください。

 

 

試しに、

 

ゴルフの構えのように前傾角度を作ってください。

 

そのまま肩を地面と平行に回して見てください。

 

この時点で頭が右に動いているはずです。

 

※もし動いていなければ、右膝が伸びていたり、右股関節が後ろに引けていないか確認してください。

 

 

よほど首回りの柔軟性がないと頭を動かないように肩を地面と平行に回すのはかなり辛いと思います。

 

 

ではどうすれば上記のようなことを実現できるでしょうか?

 

 

答えは簡単です。

 

 

肩を縦に回すように意識して見てください。

 

 

頭も動かず軸もぶれないかと思います。

 

 

ということは、肩を下げるな!!ということも不自然に感じます。

 

 

次回この辺り書いていきたいと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ARCHIVES

LATEST POST

CATEGORY